ミラクル速報~未来の車速報~

ミラクル速報です!未来の車速報!クルマ(バイク)のこと中心にまとめていきます。

    カテゴリ:自動車関連 > メルセデス・ベンツ

    1:2014/10/10(金) 09:26:43.58 ID:

    ロータスF1チームとメルセデスAMGハイパフォーマンスパワートレインは10月9日、F1の2015年シーズンにおけるエンジン供給契約を締結した、と発表した。

    ロータスのF1マシンは2014年シーズンまで、ルノー製エンジンを搭載。また、メルセデスAMGは、マクラーレン、ウィリアムズ、メルセデスAMGペトロナスの3チームに、エンジンを供給してきた。

    ところが、2015年シーズンは、マクラーレンがホンダ製エンジンに変更。マクラーレンとの契約解消により、メルセデスAMGは、新たに1チームへエンジンを供給できることになり、ロータスF1との契約が成立した。

    なお、契約は2015年シーズンから、現行のパワーユニット世代が存続するまでの期間となる。

    ロータスF1チームのマシュー・カーターCEOは、「メルセデスAMGとの長期的な契約は、喜ばしい限り」とコメント。メルセデスベンツ・モータースポーツのトト・ヴォルフ代表は、
    「現行世代のパワーユニットを3チームに供給し続けることが、メルセデスベンツにとって非常に重要」と語っている。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20141010-10212131-carview/
    38:2014/10/10(金) 23:06:21.98 ID:
    ロータスにこそホンダ積んで欲しいな。

    昔ジムカーナでヨーロッパSIIに4AG積んでバカッ速な奴いたけど。
    中古で手にいいれた時点でルノーエンジンから2TGに積み替えられてたらしい。
    39:2014/10/10(金) 23:38:47.74 ID:
    >>38
    なにそれ素敵
    40:2014/10/10(金) 23:46:39.66 ID:
    >>39
    2TGでもLOTUSヘッドのツインカム、SPLのビッグバルブより速かったらしいよ。
    んで4AG積んでバカッ速との事。
    俺が乗っていたわけじゃない。オーナーに聞いた話。
    ただエンジンに車体が負けてるっていうチャップマンの嫌う状態だとは言っていた。


    1:2014/10/11(土) 22:25:03.45 ID:



    ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGが10月2日、パリモーターショー14でワールドプレミアした『メルセデス-AMG GT』。これに合わせて、同車の最新映像が、ネット上で公開された。

    メルセデス-AMG GTは、生産終了を発表した『SLS AMG』に代わって、AMGが開発した新型スポーツカー。SLS AMGのスーパーカー・セグメントから下へ降り、ポルシェ『911』クラスのスポーツカーとの競合を見込む。

    メルセデス-AMG GTには、新開発の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを積む。排気量は3982ccで、2個のターボで過給。
    この4.0リットルV型8気筒ツインターボには、2種類のチューニングが存在する。

    ベースグレードのメルセデス-AMG GTは、最大出力462hp/6000rpm、最大トルク61.2kgm/1600-5000rpm。0-100km/h加速4秒、最高速304km/h。
    高出力版の『メルセデス-AMG GT S』は、最大出力510hp/6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4750rpm。0-100km/h加速3.8秒、最高速310km/hのパフォーマンスを可能にする。

    10月9日、メルセデスAMGは、公式サイトを通じて、メルセデス-AMG GTの最新映像を配信。『Handcrafted by Racers』と題して、サーキットで圧倒的なパフォーマンスを誇示している。


    http://response.jp/article/2014/10/11/234762.html
    32:2014/10/12(日) 15:05:55.18 ID:
    いかにもアメリカ人好みのスタイリングだな。
    ターゲットがわかりやすい。


    1:2014/09/23(火) 16:26:17.29 ID:



    メルセデスベンツ & アウディ & Google社が自動運転車両の公道走行認可を取得!

    メルセデスベンツ、アウディ、Googleの3社が米カリフォルニア州で自社の自動運転車両の公道走行テストを行う認可が下りたことが明らかになりました。

    自動走行テストの自体は今までも認可されテストが行われていましたが、以前は万が一の事を考え、テスト車両には運転出来るドライバーが
    同乗するのを義務付けられていました。しかし今回からは運転手の同乗が免除され、自動運転車両のみで公道走行テストが行えるそうです。

    カリフォルニア州が発行した認可は、全部で29台分。そのうちの25台分はGoogleが開発した自動運転装置を搭載したレクサス SUV向けに
    許可されたものだそうです。残りの4台分は2台ずつアウディとメルセデスベンツの自動運転車両に割り当てられるとのこと。





    実用化がどれくらい先になるのかはわかりませんが、個人的には車で出かけた時でも自由に飲めるようになるので一刻も早く実用化してほしいです!

    ちなみに現在、他メーカーも同じ認可を申請しているそうです。以前BMWは、ドリフトまで出来る自動運転システムのプロトタイプを発表しています

    [BMW、ドリフトも可能な自動運転システムを発表しプロモ動画を公開!]
    http://www.j-sd.net/self-driving-car/
    25:2014/09/23(火) 17:30:20.96 ID:
    >>1
    買い物の駐車場も必要ないね。
    29:2014/09/23(火) 17:56:54.77 ID:
    >>25
    俺が買いしてる間そのへん流してろ
    というわけにはいかないだろ
    2:2014/09/23(火) 16:27:05.09 ID:
    実用化してくれー!
    【ベンツ.アウディ&Google(レクサス)が自動運転車の公道走行認可を取得!】の続きを読む

    1:2014/10/12(日) 13:06:06.80 ID:

    メルセデスベンツ『Sクラスクーペ』は、モータースポーツのスピリットを体現したスポーツドグリルが採用されている。

    「自動車メーカーとして(自社を象徴する)フロントグリルを2種類持っているのはメルセデスだけだ」と話すのはダイムラー社乗用車エクステリアデザイン統括のロバート・レズニック氏。

    「『Sクラスセダン』は、3次元のクロームフレームでボンネットの上にスリーポインテッドスターが乗っている。そしてもうひとつはスポーティなグリル。
    グリルの真ん中にスリーポインテッドスターが付いており、最高のモータースポーツのスピリットを持っているものだけが、採用されており、新型Sクラスクーペはこのグリルが装着されている」

    フロント周りの特徴として、レズニック氏は、ヘッドライトを挙げる。「人間の目と同じように、ヘッドライトはクルマの目を表している。
    他社はアグレッシブだけを求めるが、我々はそれだけではなく、スポーティでありながら、スタイリッシュさも表現している」と話す。

    そのLEDハイパフォーマンスヘッドライトには片側47個のスワロフスキークリスタルが組み込まれた。更に、30個のクリスタルをウインカーに、
    17個のカットクリスタルをポジショニングライトに配置された。

    レズニック氏は、「LEDヘッドライトを点灯すると、まるで“刺すような”照射になる。それを和らげたいと考え、スワロフスキーを付けることにした」と
    機能から採用したことを強調する。それと同時に、「メルセデスベンツのデザイン哲学、モダンラグジュアリーを踏まえ、知性と美しさを両立させたのだ。
    このインスピレーションは宝石箱から得たものだ」と語った。





    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20141012-10212225-carview/
    28:2014/10/12(日) 13:32:21.56 ID:
    フロントはCLAとかとそっくりだな
    フロント共通は世界的な流れだけどSクラスだけは特別なフロントにしておいてほしかった
    38:2014/10/12(日) 14:34:56.24 ID:
    >>356
    なんで同じ顔にするかな
    62:2014/10/12(日) 21:26:42.82 ID:
    これもう車通でも見分けられんな CLにCLSクーペにSクーペときたか 今のCLとCLSどんなだったか忘れたわWWW
    【【ベンツ Sクラス クーペ 発表】ヘッドライトに47個のスワロフスキー、ウインカーに30個のクリスタル】の続きを読む

    1:2014/08/31(日) 19:19:37.25 ID:

    金にモノを言わせた10億円のベンツSLRがいろんな意味でスゴイ
    http://news.livedoor.com/article/detail/9203083/


    「The金持ちの車」という悪趣味なオーラが漂うまでに魔改造されたスーパーベンツ「Anliker McLaren SLR 999 Red Gold Dream」がとんでもないんですよ。
    真っ赤な車体に輝く金のホイール、ヘッドライト。 各パーツには5キロの金と600個のルビーが使われており、成金趣味ここに極まれりといった感じ。
    販売価格はなんと1000万ドル(約10億円)。
    スイスの実業家・Ueli Anlikerさんが作らせたものだそうですが、とくに愛車として乗りこなすわけではなかったそうです。
    でも、ちゃっかり自分の名前を車名の一部に加えちゃうあたり、「このバカみたいに高いクルマ、オレが作ったんだぜ!」って自慢したかったんでしょうね。

    漂うミニチュア感


    再び、漂うミニチュア感


    ファンシーすぎる黄金に輝くダッシュボード


    ハンドルだけでおいくら万円でしょうか...


    金or赤色というラグジュアリーすぎる車内


    rさんのロゴがキラリと光る
    18:2014/08/31(日) 19:24:50.74 ID:
    >>1
    ミニカーかよw
    騙されるとこだった
    37:2014/08/31(日) 19:31:20.38 ID:
    埼玉のヤンキーが乗ってそう
    38:2014/08/31(日) 19:32:08.10 ID:
    一方japは




    【【成金】10億円掛けて魔改造された 「ベンツSLR」 を御覧くださいwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ